【韓国で流行】空ショットが動物虐待と炎上!危険な事故も起きていた!

空ショット


韓国のSNSで流行している「空ショット」をご存知ですか?

空ショットとは愛犬を空に向かって投げ、青空をバックに撮影する写真のこと。

その空ショットが「動物虐待だ!」と物議を醸し炎上しているのです。

実際に事故も起きているということで、今回はその空ショットについて詳しくまとめました!

Sponsored Link

韓国で流行している空ショットとは?

韓国のSNSで流行している「空ショット」。

「空ショット」とは、子供を高い高いする時のような感じで愛犬を空に向かって上げ、青空をバックに愛犬を投げた瞬間を写真に撮るというものです。

上の写真を見ると、空ショットとして投稿された写真のほとんどで犬が人の手から離れ、完全に宙に浮いています!

中には体制が崩れ斜めになっている犬やお尻から落ちそうな犬もいて、このまま落ちたら相当危険だろうということがわかります。

韓国ではインスタグラムに #空ショット がついた写真が2万件以上投稿されるほど流行しているようですが、この投稿には批判も相次いでいます。

Sponsored Link

空ショットが動物虐待と炎上!

愛犬を空に向かって投げて撮影する空ショットが動物虐待だと批判を受け、炎上しています。

犬や猫などの小さい動物を宙に投げるなんて本当に危険な行為だと思います。

「いいね」が欲しいという飼い主のエゴのために利用されているとしか思えません。

自分がもし犬だったとしたら、自分の背の何倍も高いところからさらに高く投げられるなんて本当に恐怖でしかありませんよね…。

 

しかも飼い主の満足のいく空ショットを撮るために、何度も何度も犬を宙に投げていると思われます

まるで愛犬を物のように扱っているとしか思えず、利用された犬や猫がとてもかわいそうです。

空ショットで危険な事故も起きていた

空ショットの撮影中、上手くキャッチできずに犬を地面に落としてしまうことも考えられます。

もしそうなったら愛犬が怪我をするというのは誰でも想像できますよね。

実際に空ショットを撮った時に犬を地面に落としてしまい、骨折して病院に駆け込むという危険な事故も起きているようです!

 

私たち人間が自分の背の高さより何倍も高いところから落ちることを考えると、どれだけ危険なことかわかりますよね。

この犬は骨折で済みましたが、打ち所が悪いと命にかかわる危険性や歩けなくなる危険性もあります!

愛犬や愛猫を空に投げる「空ショット」は本当に危険な行為なので、絶対にやめてほしいですね。

 

今回は韓国で流行中の「空ショット」が動物虐待だと炎上しているという話題についてでした。

愛犬が可愛いから見て欲しい気持ちも、「いいね」が欲しい気持ちもわかりますが、空ショットは犬や猫にとってすごく危険な行為です!

愛犬や愛猫が大切なら絶対にやめましょう。これ以上かわいそうな事故が起きないことを祈ります。

Sponsored Link