台風28号の進路予想と日本への影響!関東や大阪に上陸する可能性は?

台風28号,名前


11月20日21時に新たな台風28号が発生したと発表されました!

台風28号は1時間に15キロの速さで西北西に進んでいます。

この時期に台風が話題になるのは珍しいですね!

台風28号の今後の進路や日本への影響はどうなのでしょうか?

また、関東や大阪に上陸する可能性はあるのかも気になるのでさっそく見ていきましょう!

Sponsored Link

台風28号が発生!進路は?

11月20日、台風28号が発生しました!

中心の気圧は1000ヘクトパスカル。

中心付近の最大瞬間風速は18メートルで、1時間に15キロの速さで西北西に進んでいます。

 

台風28号の進路については下の画像をご覧ください↓

台風28号は23日金曜日の21時には沖縄のはるか南の海上にいると予想されています。

勢力・スピード共にそこまで警戒する必要はなさそうです

 

米軍から米軍向けに発表されているの台風28号の進路予想がこちらです↓

台風28号,進路

現在西北西に進んでいる台風28号は、途中で北東に向きを大きく変えると予想されています!

この進路予想を見る限り、日本に上陸する可能性は今のところ低そうですね。

Sponsored Link

台風28号は関東や大阪に上陸する?

台風28号の日本への影響はどれくらいあるのでしょうか?

例年、11月に発生する台風は本州付近まで北上してくることはあまりありません

小笠原諸島や沖縄などの南の地方には、毎年2〜3個程度の台風が11月に接近しています。

 

今回の台風28号の進路予想を見ても、途中で曲がって進路を変えそうなので本州には近づかない可能性が高いでしょう。

台風28号が関東や大阪に上陸する可能性は低いといって良いと思います。

ただ、沖縄や小笠原地方には台風28号が接近するかもしれないので、地域の方は最新の台風情報に注意しておいてください。

11月に台風は珍しい?

台風は夏のイメージがあるので、11月に台風が発生するのは珍しいと思う方も多いと思います。

しかし、実は平均すると毎年2〜3個の台風が11月に発生しているのです!

1991年の11月には平均を上回る6個もの台風が発生しています。

びっくりですよね!

発生しても日本に上陸したり接近することは少ないので、11月はあまり台風のイメージがないようですね。

台風28号情報まとめ

台風28号は現在は西北西に進んでいますが、今後大きく進路を変える可能性があります!

関東や大阪などの本州に上陸する可能性は低そうなので安心してください。

ただ、勢力が弱いからといって楽観視せず、今後の台風28号情報にも注目していきましょう。

Sponsored Link

台風28号の名前はマンニィ!名前の由来は?どうやって決めてるの?

2018.11.21