竹田恒和会長の賄賂疑惑、なぜフランスが捜査?報復以外の理由は?

竹田会長,フランス,竹田恒和

日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長がオリンピック招致の際に賄賂を渡していたと報じられました。

この賄賂疑惑でフランスが竹田会長を捜査しているということなのですが、なぜフランスが調べているのでしょうか?

日本の警察が調べるか、国際オリンピック委員会(IOC)があるスイスの警察が調べるならまだわかるのですが、なぜフランスなのか不思議ですよね!

ゴーンさんを逮捕し長期間拘留していることへの報復ではないか、とも言われていますが理由はそれだけではないようです!

今回は、なぜフランスの警察が竹田会長を捜査しているのか詳しくまとめました!

スポンサーリンク

竹田恒和会長の賄賂疑惑とは

まず最初に竹田恒和会長の賄賂疑惑を簡単に整理しておきましょう!

必要ない方はここは飛ばして次から読んでください。

1月に入ってフランスのルモンド紙が『JOCの竹田恒和会長が、東京オリンピック招致をめぐった賄賂疑惑で訴追される(裁判を起こされる)』と報じました!

報道によると、竹田恒和会長はオリンピック招致のために200万ユーロ(約2億3000万円)を賄賂として支払ったそう。

その賄賂を送った相手は、1999年から16年間国際陸連の会長を務めたラミーヌ・ディアクさん

上の写真で安倍首相と一緒に写っている人です。

ディアクさんはオリンピック開催地を決める際の投票権を持つ人物で、東京に投票していました。

フランスが2度の賄賂を発見

最初に賄賂が送られたのは2013年で、東京の招致委員会からシンガポールのコンサルティング会社「ブラック・タイディングス社」の口座に9500万円が振り込まれていました。

実はこの口座の持ち主は、ディアクさんの息子の親友だったのです!

しかもこのコンサルティング会社は、活動の実態がないペーパーカンパニーだとも言われています。

つまり実態がない会社の口座にコンサルティング料としてお金を振り込んで、ディアクさんの票を買ったということですね。

そしてその2ヶ月後に開催地が東京に決定!すると翌月さらに1億3500万円が同じ会社に振り込まれたのです!

このお金については「勝因調査のためのコンサルティング料」と理由を説明していますが、そんなことありえるのでしょうか?

例えば開催地の投票前に、どうすれば東京が選ばれるかという調査を依頼するのはわかります。

でも決定したあとに1度目よりも多くの金額を調査のために支払うのってちょっとおかしいですよね!

この疑惑について、竹田恒和会長は賄賂を完全に否定しています

スポンサーリンク

なぜフランスが竹田恒和会長を捜査している?

それでは、なぜフランスが今回の竹田恒和会長の賄賂疑惑を捜査しているのかについて見ていきたいと思います。

ゴーンさんの一件への報復という見方もあるようですが、それ以外の理由もありました!

フランスが最初に賄賂を発見したから

まず1つ目の理由は、賄賂を発見したのがフランスの検察だから。

実はこの賄賂は、フランスがロシアのドーピング事件をきっかけに国際陸連の汚職を捜査していた時にたまたま見つかったもの。

国際陸連はフランスと密接な関係にあるモナコ公国に本部があります。

国際陸連関係者への謎の送金を発見して調べてみると、竹田恒和会長が代表をつとめる日本の招致委員会からのお金だとわかり、竹田会長の賄賂疑惑が発覚しました。

竹田恒和会長の賄賂疑惑を最初に見つけたのがフランスなので、今も継続して捜査をしているというわけですね。

賄賂がフランスで使われた可能性があるから

もう1つの理由は、賄賂として渡った不正なお金がフランス国内で使われた可能性があるから。

ディアクさんの息子が日本からの賄賂を受け取った直後に、パリの宝飾店で高級な時計や宝石類を購入したことがわかっています!

不正で受け取ったお金を使うことはフランス国内では『国内の資金戦場』にあたる犯罪行為

犯罪行為はもちろん捜査しなければいけませんし、不正なお金がすぐに時計などに使われていたと確定すれば日本からのお金は賄賂だったということが証明できます。

  • 賄賂がフランスの捜査で最初に見つかったから
  • 不正なお金がフランスで使われていたならそれ自体が犯罪だから

この2つの理由でフランスが捜査を進めているわけです!

スポンサーリンク

フランスは報復として竹田恒和会長を訴追?

今回の竹田恒和会長の訴追はゴーンさんの逮捕や長期拘留への報復だとも言われていますね。

フランスは否定するでしょうが、気持ち的には報復という部分もあるのではないかと思います!

ただ、竹田会長の賄賂が本当だったなら裁判にかけられて罪を問われて当然ですね。

報復だったとしても…

そもそもこの賄賂疑惑は2016年5月11日にイギリスの新聞「ガーディアン」がスクープしたものでした。

また2017年9月にはブラジル司法当局が、東京オリンピックとリオオリンピックの両方でディアクさんの息子に金銭が渡っていると明らかにしていました。

つまり、フランスだけでなくイギリスやブラジルなど様々な国が取り上げるような重大な問題なんです!

フランスが報復として訴追するのは少しひどいなと思う気持ちもありますが、賄賂を送っているほうが問題なのでこの疑惑はきちんと調べてもらいたいですね!

今回は、竹田恒和会長の賄賂疑惑はなぜフランスが捜査しているのかについてまとめました。

報復とも言われていますが、それ以外の理由もきちんとあるようですね!

あのお金は賄賂だったのか早く真実が明らかになるといいなと思います。

スポンサーリンク